UQモバイルのメリット

UQ mobile(モバイル)は余ったデータ容量を繰り越し可能!繰り越しする際の注意点・データチャージについて

更新日:

パンダ くん
今月スマホ全然使わなかったからデータ容量余っちゃった…なんかもったいないなぁ
リス さん
でもUQ mobileは『データ容量の繰り越し』ができるから腐ることはないよ!
パンダ くん
そんなシステムがあるのか!?一体どうすれば『くりこし』ができるんだ?

 

「今月のデータ容量が2GBも余っちゃった…もっと使えばよかった』なんて後悔した経験はありませんか?

せっかく使えるデータ容量を余らせてしまっては、お金のムダ遣いですよね。

しかし、UQ mobileなら『データ容量の繰り越し』ができるので、たとえ余ってしまったとしても翌月に繰り越されるのでムダにはなりません。

そこで今回は、

  • データ容量の繰り越しってどんなシステム?
  • 繰り越しに関する注意点
  • 繰り越しをうまく利用するテクニック

について初心者の方でもわかるようにまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

『データ容量の繰り越し』ってどんなシステム?

データ容量の繰り越しとは、当月の余ったデータ容量を翌月に繰り越すシステムのことです。

たとえば、おしゃべりプラン(3GB)を契約した場合、その月は2GBしか使わなかったとしますよね。

すると、余った1GBは翌月のデータ容量にプラスされるので、翌月は4GBまでデータ容量を使うことができるというわけです。

データ容量の繰り越しは自動的におこなわれ、自身でなにかを設定するといったことは一切ありませんのでご安心ください。

 

どのプランでも『データ容量の繰り越し』は可能!

プラン 繰り越し
ぴったりプランS/M/L
おしゃべりプランS/M/L
データ高速プラン

データ高速プラン

+音声通話

基本的に、どのプランでも『データ容量の繰り越し』は可能です。

データ無制限プランに関しては、どれだけ使ってもカウントフリー&繰り越しするデータ容量がないので対象外となっています。

パンダ くん
ちなみに、『ぴったりプラン』の無料通話時間も繰り越しされたりしないのかな?
リス さん
残念だけどそれはないわね。今のところ繰り越しできるのはデータ容量だけよ。

 

データ容量は『繰り越し分』から消費されるのでムダなく使える

UQ mobileのデータ容量は、繰り越しされたデータ容量から消費されていくのでムダなく使っていくことができます。

つまり、翌月のデータ容量は

  1. 繰り越し分
  2. 基本データ容量
  3. データチャージ分

という風に、消費期限が短いデータ容量から消費されていき、消費期限が長い『データチャージ分』は最後に消費されるシステムになっているので、腐らせることもほとんどありません。

 

『データ容量の繰り越し』に関する注意点

繰り越し分のデータ容量は翌月いっぱいで失効してしまう

パンダ くん
ひらめいたんだけどさ、データ容量をどんどん繰り越していけば100GBとかになっちゃうのかな?
リス さん
面白そうだけど、それは無理ね。繰り越ししたデータ容量は1ヶ月経つと消えちゃうのよ。

 

繰り越し分のデータ容量には有効期限があり、最大でも1ヶ月(翌月まで)しか使うことができません。

たとえば、おしゃべりプランMを利用していて1月に3GB余らせて、2月に3GBを繰り越したとします。

2月のデータ使用量が2GBだった場合は、繰り越し分のデータ容量が1GB余ってしまうことになり、この1GBは3月になると失効してしまうということです。

ただ、繰り越し分のデータ容量を余らせてしまう方はプランの見直しが必要なレベルなので、あまり気にしなくてもオッケーだと思います。

 

データチャージ分は繰り越し対象外

データチャージで追加したデータ容量については、繰り越し対象外となっています。

先ほども説明しましたが、データチャージ分は有効期限が90日と長く1番最後に消費されるので、どうしても余りやすいです。

とはいえ、データチャージをするということは余程ピンチな場合だと思いますので、ガッツリ余らせるようなことはないと思います。

それでもデータチャージをする時は、90日以内(3ヶ月)に使い切れるかどうかよく判断した方がいいでしょう。余らせたらもったいないですからね。

 

繰り越しできるデータ容量は、『毎月の基本データ容量』が上限

プラン基本データ容量
ぴったりプラン/おしゃべりプランS1GB
ぴったりプラン/おしゃべりプランM3GB
ぴったりプラン/おしゃべりプランL7GB
データ高速プラン3GB
データ高速プラン+音声通話3GB

UQ mobileで繰り越しできるデータ容量の上限は『毎月の基本データ容量』までとなっており、プランによって基本データ容量のサイズは異なります。

なので、どれだけ余らせたとしても基本データ容量と同じサイズまでしか繰り越しできないので、アホみたいに余らせても意味はありません。

 

プラン変更しても『繰り越し』はできるが、場合によっては損することも

パンダ くん
もしプラン変更したら繰り越し分ってどうなるんだろう…翌月には消えちゃうとか?
リス さん
心配ないよ!プラン変更しても翌月にしっかり繰り越れるようになってるから!

 

もしプラン変更をしたとしても、データ容量の繰り越しは可能なので安心してプラン変更をおこなうことができます。

ただ、プラン変更をすると繰り越しできる上限が翌月のプランの基本データ容量までになってしまいます。

たとえば、『おしゃべりプランM』から『おしゃべりプランS』にプラン変更する場合、当月に2GB余らせてもプランSの基本データ容量は1GBなので、最大でも1GBしか繰り越しできず1GBムダになってしまいます。

つまり、大きいプランから小さいプランに変更する場合は、小さいプランの上限より多く余らせても意味はないということです。

それでも他の格安SIMは、プラン変更すると繰り越し分が消えちゃうところもあるので、UQ mobileはかなり良心的な方だと思います。

 

『ターボ機能』を使った繰り越しテクニック!

UQ mobile専用の『ターボ機能』をうまく使えば、よりたくさんのデータ容量を翌月に繰り越すことができます。

毎月のように『ターボ機能』を使ってデータ容量を節約する必要はありませんが、翌月に『思いっきり動画を楽しみたい!』『ゲームのイベントに全力を注ぎたい!』という時はかなり便利です。

また、うまくデータ容量を繰り越していけば、データ容量をワンランク落とすことによってスマホ代の節約に繋げることもできちゃいます。

『繰り越し』×『ターボ機能』は相性バツグンで可能性は∞です。ぜひ試してみてくださいね!

 

まとめ:UQ mobileの繰り越しはメリットだらけ!データ容量をかしこく使っていこう!

注意点

  • 繰り越しできるのは翌月まで
  • データチャージ分は繰り越し対象外
  • 繰り越しできるデータ容量には上限がある

データ容量の繰り越しは、以上の3つの注意点に気をつけていれば、損することなく使っていくことができます。

月によってはデータ容量をまったく使わないこともあるはずなので、そんな時は『繰り越し』をうまく利用して翌月にガッツリ使い倒すのがベストです。

また、相性がいい『ターボ機能』をうまく使っていけば、翌月にたっぷり繰り越すことや、毎月のデータ容量を少なくしてスマホ代を抑えるといったことも可能になります。

『繰り越し』に関しては、スマホをかしこく使っていく上で絶対に知っておかなければいけないポイントなので、これからUQ mobileを使っていくのであればよく覚えておきましょう!

 

UQ mobile 公式サイトへ

\今だけ13,000円のキャッシュバックがもらえる/

 

-UQモバイルのメリット

Copyright© モバイルアウト , 2019 All Rights Reserved.