Xperia

【徹底レビュー】Xperia Aceを実際に1ヶ月使ってみたのでメリット・デメリットを紹介!

更新日:

ドコモで人気のミドルレンジスマホ『Xperia Ace』を購入しましたー!

購入の決めてとなったのは、やはりコンパクトで価格がリーズナブルという点です。

そんなわけで今回は、Xperia Aceを実際に1ヶ月使ってみて感じたメリット・デメリットを紹介していきます。

購入を検討している方はぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

Xperia Aceの外観をレビュー|開封の儀

約5.0インチの液晶ディスプレイです。

ベゼルがそこそこ厚いので、大画面ディスプレイから機種変更するという方は小さく感じると思います。

 

背面の素材は『グラスファイバー強化プラスチック』で出来ており、キズが付きにくく丈夫になっています。

また、触っても指紋が目立ちにくいです。

 

レンズが出っ張っていないのも個人的にポイント高いです!

 

本体下部には、マイクとUSB-Cポートが搭載されています。

最近のスマホとくらべるとまあまあ分厚いです。

 

本体右側には、ボリュームキーと電源キーを搭載。

この電源キーは指紋センサーとしての役割もあり、タッチすることで画面のロックを解除することもできます。

 

本体上部には、イヤホンジャックとサブマイクが搭載されています。

 

本体左側には、SIM(UIM)カードトレイが搭載されています(手で開けられるのでSIMピンは不要)。

 

Xperia Aceの付属品を紹介

Xperia Aceの付属品

  • Xperia Ace本体
  • ご利用にあたっての注意事項
  • クイックスタートガイド

ACアダプターやUSBケーブルが必要なら、別途購入しなくてはなりません。

ドコモショップで買うと、この充電器が付いてきます。

 

Xperia Aceのサイズ感はどんな感じ?他のスマホとくらべてみた!

左からXperia Ace、iPhone XS、AQUOS R3

となりにiPhone XSとAQUOS R3を並べてみましたが、やはりこの中では一番コンパクトですね。

巨大化が著しいスマホ界隈で、この小ささは珍しいと思います。

 

ボールペンよりちょっと小さいくらいでした。

 

Xperia Aceの使い心地について

コンパクトだし軽いし(154g)で使い心地は最高です。

手の小さい女性でもラクラク片手持ちできるほど携帯性がいいので、デカイスマホに抵抗がある方はきっと満足できるのではないでしょうか。

デザインについても、丸みを帯びてない角ばったデザインが好きだったりするので、結構しっくりきています。

性能面に関してはとくに不自由を感じたことはなく、3Dゲームのような負荷の高いゲームをしなければストレスを感じることはありません。

ネットサーフィンやSNSをメインに使うのであれば十分だと思います。

→ドコモ公式で見てみる

 

Xperia Aceのう〜ん…と感じた点・デメリット

ゲームはできるがスペックがそこまで高くない

PUBGなど今人気のゲームは問題なくプレイできますが、30分ほど遊ぶだけでもかなり発熱するので、ゲームをガッツリやり込みたいならXperia Aceは向いてないかもしれません。

ただ、カクツキやフリーズはありませんでした。

 

デフォルトの画質設定は『快適画質』に自動で設定されます。

 

グラフィック設定も上げることはできますが、バッテリーの消費がハンパないことになるので推奨しません。

 

Antutuでベンチマークスコアを測ったところ、90,292点でした。

ゲームをメインに考えるなら、このスコアは弱いです。

 

Geekbenchでも測ってみたところシングルスコアが866点、マルチスコアが4,179点という結果でした。

 

有機ELディスプレイではない

Xperia Aceのディスプレイは十分に綺麗ですが、画質の鮮明さでは有機ELに敵いません。

一度でも有機ELディスプレイを使ってしまうと、なかなか液晶ディスプレイには戻れないんですよね。

 

暗闇で表示させると、これくらい見え方に違いがあります(左がXperia Ace、右がiPhone XS)。

今液晶ディスプレイ搭載のスマホを使っているなら問題ありませんが、有機ELディスプレイを搭載したスマホからの機種変更は違和感を感じると思います。

 

サイドセンスの精度がイマイチ

サイドセンス機能の精度がイマイチでした。

サイドセンスとは

Xperiaスマホの特有のショートカット機能で、ディスプレイ側面の右上を2回タップすると出現します。

タップしたのに反応しなかったり、グーグルChromeで右上にあるメニューバーをタップすると勝手にサイドセンスが出現したりするんですよね。

まあまあな頻度でイライラしてしまうので、ボクはサイドセンス機能をOFFにして使っています。

 

Xperia Aceのいいところ・メリット

指紋認証がスピーディーで快適!

指紋認証の解除スピードはかなり速かったです。

センサーに触れた瞬間に解除される感覚で、精度もかなりいいので画面ロックの解除にストレスはかかりません。

 

防水・防塵・おサイフケータイに対応している!

防水・防塵はもちろん嬉しいですが、おサイフケータイはないと困るものなので大きなメリットと言えます。

毎日のように改札やコンビニでおサイフケータイを使うボクみたいな人間にとっては、外せない機能です。

スマホによってはリーダーにくっつけるくらい近づけないと反応しないものや、なかなか反応しないものがありますが、今のことろ不具合はありません。

 

バッテリー持ちもいい!

バッテリーの消費量

  • Youtubeを2時間視聴:22%消費
  • PUBGモバイルを30分プレイ:9%消費

バッテリー持ちは悪くありません(すげーいいってわけじゃありませんが)。

ただ充電スピードは遅いです。

バッテリー残量30%からどのくらいでMAXになるのか検証してみたところ、2時間ほどかかりました。

急速充電に対応していますが、『いたわり充電』が機能しているので結構時間がかかります(OFFにすればもっと速くなりますが)。

いたわり充電

バッテリーの劣化を抑えるために、充電スピードを調節する機能

 

カメラもそこそこ綺麗!

 

 

 

 

料理や風景など、13種類のシーンを自動で判別してくれるので、テクニックなしで綺麗に撮れます!

 

 

 

 

 

 

Xperia Aceの口コミ・評判

 

Xperia Aceをオトクに購入する方法

ドコモでXperia Aceをセット購入する

  • 総額:49,896円
  • 分割支払い:1,386円×36回

現在オンラインショップで機種変更をすると11,000円引きされ、38,896円で購入できます!

『スマホおかえしプログラム』には対応していませんが、分割にすればラクラク払っていける料金です。

今現在Xperia Aceに対応したキャンペーンは実施されていませんが、オンラインショップで購入すれば手数料はタダになります。

ドコモ公式へ

 

楽天モバイルでXperia Aceをセット購入する

  • 総額:49,819円
  • 24回払い:2,283円×24回(通話SIM)

今なら抽選で1,000名に、楽天スーパーポイント3,000ポイントがプレゼントされます。

2019年11月1日の9:59分までなので、セット購入を検討されているなら早めに申し込んでおきましょう。

楽天モバイル公式へ

 

イオシスでSIMフリー版のXperia Aceをゲットする

SIMフリー版を手っ取り早くゲットして格安SIMで使いたいならイオシスがおすすめです。

未使用品とかになるとキャリア版より高くなりますが、中古でいいなら3〜4万円代で販売されているものもあります。

もっと安くゲットしたいならメルカリ等で探すことはできますが、相手と直接取引することになるので慣れていないとトラブルに発展することもなくはないです。

その点イオシスなら店員がしっかり査定し販売してくれるので、思わぬ不具合があったり商品が届かなかったりすることもありません。

安くない買い物なので、安心して購入するにはイオシスが一番だと思います。

イオシス公式へ

 

まとめ:おサイフケータイ搭載の安いスマホが欲しいならXperia Aceで決まり!

こんな方におすすめ

  • あまりお金をかけたくない
  • 防水・防塵スマホが欲しい
  • おサイフケータイ搭載スマホが欲しい
  • コンパクトなスマホが欲しい
  • ゲームはしない

Xperia Aceはゲームをガンガンやるというより、ネット検索やSNSなどの普段使いにぴったりなスマホです。

価格も5万円ほどで安いですし、「とりあえずスマホとしての機能が使えればオッケー!」って感じならきっと満足できると思います。

また実際に1ヶ月使ってみて大きなデメリットもなかったですし、今回紹介したデメリットも事前に知っていれば大したことありません。

今機種変更を考えているなら、ぜひXperia Aceを検討してみてくださいませー!

ドコモ公式へ

楽天モバイル公式へ

イオシス公式へ

-Xperia

Copyright© スマホレビューのアトリエ , 2020 All Rights Reserved.