motorola

【徹底レビュー】moto g8 plusはおすすめしない!実際に使ってわかったメリット・デメリットを紹介

更新日:

なんだかんだ言って、今回買ったmoto g8 plusがはじめてモトローラ端末。

安くてそこそこバランスの取れた端末というイメージであまり気にしてこなかったんですが、moto g8 plusの発売を機に買ってみようということで購入しました。

結論からいうと、あまりおすすめできない端末でした。同じ価格帯ならOPPO Reno Aを買った方が絶対満足できます。

なぜmoto g8 plusをおすすめしないのか、実際に使ってわかったメリット・デメリットと共に紹介していきます。

【徹底レビュー】OPPO Reno Aを3ヶ月使ってみたのでメリット・デメリットを紹介

コスパ抜群のスマホとしてバカ売れしているOPPO Reno A。 口コミを見てもいい評判が多いので、「隠れたワナがあるんじゃ…」と気になっていませんか? そこで今回、購入してから3ヶ月間OPPO Re ...

続きを見る

 

moto g8 plusの外観・デザインをレビュー

6,3インチの液晶ディスプレイで、上部はしずく型ノッチになっています。

下部のベゼルは若干残っていますが、サイドはギリギリまで削っているので広々としています。

 

背面がプラスチック素材で出来ており、そのまま触ると指紋がベタベタ付くので保護ケースが必須です。

真ん中にあるMのマークが指紋センサーになっています。

カメラはパッと見4眼ですが、

  • 1,600万画素の超広角アクションカム
  • 4,800万画素のメインセンサー
  • 500万画素の深度センサー
  • レーザーオートフォーカス

一番上の『超広角アクションカメラ』は動画撮影用のセンサーなので、写真撮影時はトリプルレンズを使用するようになります。

ちなみに一番下はフラッシュです。

どうでもいいですが、見た目はドストライクです。

 

本体上部には、イヤホンジャック・サブマイクを搭載。

 

本体下部には、スピーカー・USB-Cポート・マイクが搭載されています。

 

本体左側には、SIMカードトレイを引き出すための穴があります。

 

本体右側にはボリューム調整ボタン・電源ボタンが搭載されています。

 

moto g8 plusの付属品を紹介

moto g8 plusの付属品

  • moto g8 plus本体
  • 保護カバー
  • ACアダプター
  • USB-Cケーブル
  • イヤホン
  • SIMピン
  • ガイド

はじめからmoto g8 plus本体に保護カバーが着いていますので、こだわりが無ければそのまま使ってオッケーです。

保護フィルムは着いてないので、必要なら別途購入が必要になります。

 

moto g8 plusのサイズ感は?他のスマホと比較

たて 158.35mm
75.83mm
厚さ 9.09mm
重さ 188g

6.3インチのディスプレイを搭載しているだけあって大きく、片手持ちがしやすいサイズ感ではありません。

ただ最近のスマホは大体こんな感じなので、小型スマホを使っている人じゃないなら違和感なく使えるはずです。

重量は188gと少し重めなので、ずっと持っていると腕に負担がかかってきます。

 

moto g8 plusの注意点・デメリット

 

たまに処理落ちする

そこまで多くはないんですが、使っているとたまに処理落ちすることがあります。

シンプルにYoutubeやツイッターを見ている時など、マルチタスク状態じゃない時に落ちるのが厄介。

搭載スペック

  • CPU:スナドラ665
  • RAM:4GB

スペック自体は高くありませんが、普通にゲームはできる水準です(他の口コミで同じような症状を見なかったので、この端末だけなのか…?)。

CODモバイルは設定を上げなければモタつきなくプレイできます。

デレマスのような3D要素があるゲームは正直キビシイです。

 

Geekbench5でベンチマークスコアを測定したところシングルコアが311点、マルチコアが1378点でした。

 

『顔認証』が使いづらい

認証スピードは悪くないんですが、めちゃくちゃ使いづらいです。

というのも、スリープ状態から持ち上げる動作でディスプレイが点灯しロック解除できるんですが、一旦スライドしないとホーム画面に行かないんですよね。

あらかじめ電源ボタンを押してディスプレイを点灯させた状態ならオーム画面に行くんですが、かなり手間を感じます。

 

防水・防塵・おサイフケータイに非対応

防水ではなく撥水設計になっているので、多少の水がかかるくらいはオッケーですが、お風呂などで水没させるのはNGなのでご注意ください。

またNFCには対応しているものの、おサイフケータイ(Felica)を搭載していません。

PayPayなどのQRコードやバーコードを使った決済は可能ですが、楽天EdyやモバイルSuicaが使えないのがイタイです。

 

DSDV利用時はSDカードが使えない

SIMカードトレイがダブルスロット仕様なので、DSDV中にSDカードを挿入することができません。

わざわざ電源を切ってSIMカードを抜くという手間がかかるので、正直めっちゃ使いづらい…。

eSIM対応は難しいにしても、頑張ってトリプルスロットにしてほしかったです。

 

 

moto g8 plusのいいところ・メリット

 

指紋認証は使いやすい

指紋認証の精度・スピードはまったく問題なく、快適に使えています。

HUAWEI端末ほどじゃありませんが、ストレスはありません。

 

まあまあのバッテリー持ち&急速充電に対応

4,000mAhの大容量バッテリーを搭載していることもあり、バッテリー持ちはいい方だと思います。

バッテリー消費量

  • Youtube1時間視聴:7%
  • CODモバイル1時間プレイ:19%

毎日何時間もゲームをする人にはキビシイですが、普通にネット検索やSNS・動画をみるくらいなら余裕で1日は持ってくれます。

もし充電が少なくなってもmoto g8 plusは急速充電に対応しているので、ちょっとした時間でもサクッと回復させることが可能です。

付属の18W対応充電器を使って検証してみたところ、90%回復させるのに2時間かからないくらいでした(バッテリー容量を考えれば速い方です)。

モトローラ公式いわく、15分充電すれば8時間駆動するそうです。

作業内容にもよりますが。

 

カメラ性能はよくサクッと撮るだけで綺麗に仕上がる

カメラ性能は評判どおりで、綺麗に撮れました。

通常モードで撮影

 

ポートレートモードで撮影

背景のボケもよく、自然な仕上がりになってます。

 

スポットカラーモードで撮影

『スポットカラー』といって指定した色だけを残し、周りをすべてモノクロにするモードもあります。

まあ使う機会はほとんどありませんが、遊び心があっていいんじゃないでしょうか。

他にも『カットアウト』といって、人物を切り抜いて他の画像に合成できるモードもあったりします。

 

ナイトモード(夜景)で撮影

真っ暗闇で自動販売機を撮ってみましたが、白トビがちゃんと抑えられていました。

 

超広角は動画撮影にしか対応していないので注意

手ぶれ補正もしっかり効いてます。

端末の1番上にあるセンサー『超広角アクションカム』は動画撮影のみで、写真撮影には対応していません。

動画を撮ることがほとんどないので、写真撮影用に超広角を持ってきてくれれば嬉しかったですね。

 

moto g8 plusの口コミ・評判

 

moto g8 plusはどこで買える?

SIMフリー版はAmazon

SIMフリー版が欲しい場合はAmazonで購入しましょう。

Amazonが販売・発送してくれる(つまり公式)ので、届かなかったり不良品をつかむ心配はありません。

 

格安SIMでセット購入するならOCNモバイルONE

格安SIMでセット購入するならOCNモバイルONEがおすすめです。

一括 30,000円
24回払い 1,250円

他にもIIjmioBIGLOBEモバイルといった格安SIMでセット販売されていますが、OCNモバイルONEが最安値です。

さらにMNPや対象のオプションに加入すれば、この価格から最大6,000円OFFになるので実質2万円台で手に入れることもできます。

また価格だけでなくOCNモバイルONEは速度も安定してますし、老舗なので信頼度も高いです。

OCNモバイルONE公式サイトへ

 

まとめ:いいところもあるがインパクトが弱い。同じ価格帯ならOPPO Reno Aを選んだ方がよさげ

たしかに価格が手頃でカメラ性能はいいんですが、このタイミングで買うかと聞かれれば答えはNO。

スペック・使い勝手においてはOPPO Reno Aが勝ってますし、価格もほとんど変わりません。

もうちょっと早く発売していれば良かったんですが、あえて選ぶ理由はないなーってのが本音。

OCNモバイルONE公式サイトへ

 

-motorola

Copyright© スマホレビューのアトリエ , 2022 All Rights Reserved.