iPhone

【徹底レビュー】iPhone 12 Proはカメラにこだわる人向け!使ってわかったメリット・デメリット

更新日:

iPhone 11 ProからiPhone 12 Proに機種変更してある程度時間がたったので、実機レビューもあわせて使ってわかったメリット・デメリットを紹介していきます!

洗練されたデザインのiPhone 12 Proの購入を検討している人は参考にしてみてください。

 

iPhone 12 Proの外観(デザイン)をレビュー

高級感ダダ漏れの箱に入ってやってきました。

 

ディスプレイは6.1インチのSuper Retina XDR(有機EL)を採用。

 

これまで通り上部にノッチがあるデザインで、ベゼル(縁)レスなのは変わっていません。

 

背面は”すりガラス”になっており、サラサラとした触り心地がクセになります。

そのまま手で触れても指紋がベタベタ残らないので、ケースなしの裸持ちユーザーには嬉しいポイントです。

 

カメラは『広角』『超広角』『望遠』のトリプルレンズに、新要素である『LiDARスキャナ』が加わった4眼スタイルになっています。

 

サイドフレームはステンレス製で、光沢があってめちゃくちゃカッコいい仕上がりになっています。

ただし、指紋がベタベタ残りやすいのでケースなしで使う人は注意が必要(といっても、意識して見なければそこまで目立たないレベルです)。

 

本体下部にはスピーカー・Lightningポートがあります。

今年もType-Cにはなりませんでしたね(iPhoneとAndroidを併用しているユーザーは残念)。

 

ちなみにボクはAnkerの『3in1充電ケーブル』で対応しています。

 

本体左側にはミュートスイッチと音量調整ボタンがあります。

 

本体右側には電源ボタンがあります。

 

iPhone 12 Proの付属品を紹介

iPhone 12 Proの付属品

  • iPhone 12 Pro本体
  • Type-C to Lightningケーブル
  • ユーザーガイド
  • SIMピン

電源アダプターは付属されていないので、持っていなければ別途購入が必要です。

 

保護フィルムは王道の『NIMASO』を購入しました。

 

ガイド枠があるのでズレる心配もなく、ガラスフィルム等も2コずつ入っているので安心です。

 

iPhone 12 Proのサイズ感について

iPhone 12 Pro iPhone 11 Pro
高さ 146.7mm 144mm
横幅 71.5mm 71.4mm
厚さ 7.4mm 8.1mm
重さ 187g 188g

iPhone 11 Proと本体サイズはほぼ変わりません。

ただ、側面の丸みがスッキリしたことやベゼルが狭くなったことで、ディスプレイ領域がドッと広がっているのでパフォーマンスは上がっています。

厚さアップ&角ばったことで手に持ったときのフィット感は落ちますが、ケースを装着すれば問題なしです。

持ちやすさは人によって分かれるな。

平均男性くらいの手のひらサイズでなんとか片手持ちできるレベルなので、手の小さな女性は両手持ちしないと安定しないでしょう。

 

iPhone 12との違いは「カメラ性能」と「重さ」

比較 価格 ディスプレイ カメラ LiDARスキャナ HDRビデオ撮影 チップ(CPU) バッテリー 生体認証 防水 MagSafe 容量(ROM) サイズ Pro RAW 5G
iPhone 12 85,800円〜 Super Retina XDR(6.1インチ) 超広角+広角 なし 最大30fps A14 Bionic 最大17時間のビデオ再生 Face ID IP68 対応 64GB,128GB,256GB (高さ146.7mm、幅71.5mm、厚さ7.4mm、重さ162g) なし 対応
iPhone 12 Pro 106,800円〜 Super Retina XDR(6.1インチ) 超広角+広角+望遠 あり 最大60fps A14 Bionic 最大17時間のビデオ再生 Face ID IP68 対応 128GB,256GB,512GB (高さ146.7mm、幅71.5mm、厚さ7.4mm、重さ187g) 対応 対応

細かな違いはいくつかありますが、大きいところで言うと

  • カメラ性能
  • 重さ

の2点でしょう。

 

カメラは『望遠』『LiDARスキャナ』の有無

まずiPhone 12 Proは望遠カメラが搭載されており、4倍の光学ズームが可能になります。

ズームしてもiPhone 12より粗さが目立たないよ!

あとは最新技術である『LiDARスキャナ』がProにのみ搭載されており、AR体験や暗所でのポートレート撮影・オートフォーカスにかかる時間の短縮(最大6倍)が可能になっています。

実際、LiDARスキャナあるなしでどう変わるのか、作例の方で紹介してますのでチェックしてみてください。

 

重さは25g違う

たったの25gと思われるかもしれませんが、スマホの25gは実際かなり違いがあります。

ボクはiPhone 11 Pro(188g)を使っていたのですんなり移行できましたが、『軽さ』を重視している人は腕の疲れに注意が必要です。

 

総合すると、カメラに16,000円かけれるか

価格(税別) 128GB 256GB
iPhone 12 90,800円 101,800円
iPhone 12 Pro 10,6800円 117,800円

共通ストレージで比較すると価格差は16,000円です。

『重さ』は慣れるとして、シンプルに『カメラ性能』に16,000円出せるかどうかで考えればオッケーだと思います。

その他はほとんど一緒です。

 

iPhone 12 Proでいろいろなシーンを撮影(作例)

 

 

望遠(2x)で撮影。

 

 

ナイトモードでのポートレートもいい感じ。輪郭部の曖昧さもありません。

 

 

ストロー部分を見ると、ポートレートの性能がアップしていることがわかります。

 

超広角モードで撮影。

 

 

ナイトモードでも超広角が使えます。

 

iPhone 12 Proのイマイチなところ・デメリット

 

「Face ID」のみ対応で「Touch ID」は非対応

iPhone 12シリーズはすべて『Face ID』のみです。

マスク必須のご時世に『Face ID』だけは使いづらく、外出時のロック解除やキャッシュレス決済時にめちゃくちゃ不便です。

唯一『モバイルSuica』だけはパスコードの入力が不要なので、決済時はそこでカバーするといいかも。

 

リフレッシュレートは従来通り『60Hz』のまま

画面のリフレッシュレートはこれまで通り60Hzのままです。

120HzのAQUOS zero2と比較すると、120Hzと60Hzの違いを感じます。

動画だと伝わりづらいかもだけど、

実際に見比べると違いはわかるよ!

ただ、リフレッシュレートとバッテリー持ちは”等価交換”なので、60Hzなのはバッテリー持ちを優先させた結果なのでしょう。

60Hzで良かったかも?

iPhone 12 ProはiPhone 11 Proよりもバッテリー持ちがすこし劣化しています。

これ以上リフレッシュレートを上げるとバッテリー持ちがさらに悪化してしまうので、60Hzで最適解なのかも。

 

5G対応もあまり意味はない

5Gに対応した初のiPhoneですが、ボクが生活しているエリアでは5Gが使えないのでパフォーマンスを発揮できていません。

エリアが限定的なのに加え、5G対応エリアでも繋がったり繋がらなかったりと不安定な状態です。

ぶっちゃけ『5G』にこだわるなら、来年のiPhoneでも全く問題ない気がします。

 

iPhone 12 Proのいいところ・メリット

 

角ばったデザインがとにかくカッコいい

学生時代に使っていたiPhone 5Sを思い起こさせるような懐かしいデザイン。

ぶっちゃけiPhone 11 Proから機種変更するメリットはそんなになかったんですが、デザインの良さだけで購入してしまうほど魅力的に映りました。

毎日持ち歩くものなので、気分を上げるためにもデザインは重要だと思ってます。

サイドフレームのステンレスがいいアジを出してるね!

 

トップクラスのスペックで快適に遊べる

Antutuでのベンチマーク測定結果は588691点。

 

Geekbench5ではシングルコアスコアが1606、マルチコアスコアが4212でした。

iPhone 11 Proからシングルコアは約300、

マルチコアは約800ほど向上してるよ!

RAM(6GB)もゆとりがあるので、複数タスクを開いている状態でもキビキビ動いてくれます。

 

Face ID(顔認証)の精度・スピードは問題なし

外出先では使いづらいFace IDですが、家の中では重宝しています。

セキュリティが高い上で、暗所でもしっかり認識しますし、寝ながらでも問題なく認識してくれるのでストレスがありません。

解除スピードは中華端末と同レベルとまではいきませんが、タイムラグはほとんどないです。

 

MagSafe搭載によりワイヤレス充電が快適に

今までのiPhoneとの差別化ポイントであるMagSafe。

位置ズレで充電できてなかったり、充電スピードが遅すぎるという従来のQi充電の悩みを解決してくれるアイテムです。

磁力の強いマグネットで「バチっ」とくっつくので位置ズレによる充電の失敗もありませんし、最大15Wの高速充電でリカバリースピードも悪くありません。

充電しながら操作しやすいのも魅力的だね!

 

バッテリー持ちは確かに劣化した…けど言うほど悪くない

Youtubeをぶっ通しで視聴してバッテリーの減り具合を検証してみました。

Youtube視聴時間 残量
スタート時 76%
1時間 70%
2時間 61%
3時間 55%
4時間 48%
5時間 40%

Apple公式サイトではiPhone 11 Proにくらべてバッテリー持ちが1時間減っていることになってましたが、劣化しているのは間違いなさそうです。

確かにバッテリー持ちに関してはiPhone 11 Proほどの感動はありませんでした。

ただ、言うほどバッテリー持ちの悪さは気になりません。

動画やゲームをやり過ぎなければ2日はラクラク持ってくれるくらいの余裕があるので、バッテリー残量を気にしながら使うなんてことはないです。

 

iPhone 12 Proの口コミ・評判

 

iPhone 12 Proはどこで買える?

iPhone 12 Proは大手3社(au・ドコモ・ソフトバンク)とアップルストアで購入可能です。

auで見る

ドコモで見る

ソフトバンクで見る

アップルストアで見る

 

中古品を安く手に入れたい場合はイオシスでの購入がおすすめです。

 

まとめ

iPhone 12 Proのアピールポイント

  • 望遠・LiDARスキャナ

iPhone 12 Proはカメラにこだわる人向けです。

普段からカメラを撮る、もしくは新要素である『LiDARスキャナ』で遊んでみたい人なんかは買って損はないと思います。

逆にカメラにこだわらない人はiPhone 12で十分なので、Proは買わなくていいでしょう(他のスペックはほぼ同じ)。

ボクみたいにゴールドカラーに一目惚れして購入するパターンもありです(笑)

auで見る

ドコモで見る

ソフトバンクで見る

アップルストアで見る

 

【徹底レビュー】iPhone 12 miniは小型スマホの星!使ってわかったメリット・デメリット

コンパクトスマホの星、iPhone 12 miniをしばらくメインスマホとして使い始めたので使用感をレビューしていきます。 購入を検討している人は、実際に使ってわかったメリット・デメリットを参考にして ...

続きを見る

-iPhone

Copyright© スマホレビューのアトリエ , 2021 All Rights Reserved.