Google Pixel

【実機レビュー】Google Pixel 4は買うべき?使ってみてわかったメリット・デメリット

更新日:

ついにPixel 4をゲットしたのでレビューしていきます!

個人的にPixelはカメラがすごい印象があって、前モデルのPixel 3もシングルカメラの割にめちゃくちゃ綺麗だったので、デュアルカメラ搭載のPixel 4はかなり期待してたんですよね。

今回は1週間ほどPixel 4を使ってみたのでメリット・デメリットを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

Google Pixel 4を開封レビュー|外観もシンプルでグッド

5.7インチの有機ELディスプレイ。

 

背面にはデュアルカメラが搭載されています。

 

カメラ部分はちょっとばかり出っ張っているので、ケース無しだとレンズに傷がついてしまう可能性あり。

 

背面の素材はマットな仕上がりになっており、サラサラしていて気持ちいいです。

 

本体下部には、スピーカーとUSB-Cポートを搭載。

 

本体右側には、電源ボタン(ピンク)と音量調節ボタンを搭載。

 

本体左側には、SIMトレイがあります。

 

SIMトレイは1つだけで、SIMカードを2枚入れたりmicroSDカードを入れたりすることはできません。

ただしeSIMに対応しているのでDSDSは可能です(のちほど説明)。

 

本体上部には、サブマイクを搭載しています。

 

Google Pixel 4の付属品を紹介

Pixel 4の付属品

  • Pixel 4本体
  • ACアダプター
  • Type-Cケーブル
  • 変換アダプター
  • SIMピン
  • ユーザーガイド

 

ケーブルはiPhone 11と同じく、端子はどちらもType-C仕様になっています。

 

ケースは別売りなので欲しい方は別途でケースを買いましょう。

純正ケースはナイロン素材で触り心地もよく、耐久性も高いです(ただこの色は失敗したなーと笑)。

 

Google Pixel 4のサイズ感は?他のスマホと比較してみた

左がPixel 4、右がPixel 3

Pixel 3からサイズはまったく変わっていません。

 

左がPixel 4、右がiPhone 11Pro

iPhone 11Proと並べると、Pixel 4の方が若干デカイですね。

とはいえ片手持ちできるサイズ感ですし、側面もマット加工されているのでかなり持ちやすいです。

ボクのようにデカすぎるスマホが好みじゃない方でも扱いやすくなっていると思います。

 

結論:Google Pixel 4はハイテク好きにはドストライク!

くわしいメリット・デメリットを紹介する前にPixel 4を使ってみた感想を述べると、ハイテク好きは買って間違いなしなモデルだと思います。

価格はそこそこしますが、今までにはない新しい技術が盛り込まれているので使っていて純粋に楽しいです。

またカメラ性能もPixel 3からグンとパワーアップしてるので、手軽にキレイな写真を撮ってみたい方にもおすすめできます。

ボクの雑感だとiPhoneよりのAndroidって感じで、バランスが取れていて非常に使いやすい端末です。

ハードウェアとソフトウェア両方に力を入れているのが感じられて、普通に買ってよかったと思います。

 

Google Pixel 4はPixel 3からどう進化した?スペックを比較してみた

比較 Pixel 4 Pixel 3
ディスプレイ 5.7インチ 5.5インチ
重さ 162g 148g
CPU Snapdragon™️855 Snapdragon™️845
RAM 6GB 4GB
ROM 64GB/128GB 64GB/128GB
背面カメラ 広角1,220万+望遠1,600万 広角1,220万
前面カメラ 800万 800万
バッテリー 2,800mAh 2,915mAh
生体認証 顔認証 指紋認証
防水 IP68 IP68
ワイヤレス充電 可能 可能

スペックをざっくり比較してみました。

『重さ』『RAM』『カメラ』『バッテリー』『生体認証』がPixel 3から変化しています。

 

Antutuベンチマークを比較

CPUやGPUなど、Pixel 3から全体的にパワーアップしていることがわかります。

 

Google Pixel 4のう〜んと感じたところ・デメリット

本体上部のベゼルがちょっとワイド

Pixel 4は上部ベゼルが広くなっています。

顔認証センサーなどのセンサー類が付いたため仕方がないのですが、下部がいっぱいまで表示されているだけにちょっと違和感を感じます。

慣れの問題だとは思いますが。

ただPixel 3よりはディスプレイ領域が広くなっているので、その点はいいなと感じました。

 

スピーカーの向きが2方向に分かれている

Pixel 3はスピーカーが2つともディスプレイ面に付いていたのに対し、Pixel 4はディスプレイ面と本体下部に分かれています。

そのため同じボリュームでも、Pixel 3の方が音が聞こえやすいです。

あと横持ちでゲームをするときに右手がスピーカー部分に被るので、音を遮断してしまうのが厄介です。

Pixel以外のスマホを使っている方は気にならないと思いますが、Pixel 3を使っている方は注意しましょう。

 

指紋認証がなくなった

指紋認証がなくなったのは正直イタイです。

冬や春なんかはマスクを常時着用するので、いちいちパスコードで解除することを考えるとメンドくさいなーと。

 

ちょっと重くなった

センサー類の搭載やデュアルカメラになったことにより、重さがPixel 3とくらべて14g増えています。

持っていて疲れるほど重いわけではありませんが、個人的に『空気のように軽い』のがPixelのよさだと思っていたので、ちょっと残念です。

ただiPhone 11なんかは200g近くあるので、それとくらべると162gのPixel 4は相対的にはまだ軽い方ではあります。

 

バッテリー性能はイマイチな印象

バッテリー持ちはあまりよくない印象です。

バッテリーの消費量

  • Youtubeを1時間30分視聴:18%消費
  • CODモバイルを30分プレイ:15%消費

ゲームをせずネット検索やツイッターをするくらいだと、家に帰るごろに40~50%残ってるくらいです。

ただメリットの方で解説しますが、充電スピードがかなり速いのでバッテリーが少なくなったらスキマ時間に充電してねって感じなんだと思います。

外でガッツリゲームや動画を楽しむ方にはキビシイかも。

 

Google Pixel 4のよかったところ・メリット

顔認証の速さが爆速!

指紋認証がなくなったのは残念ですが、顔認証の解除スピードはビックリするくらい速いです。

体感でいうとHUAWEI端末と同じくらいで、ディスプレイが点灯した瞬間に解除されるのでストレスフリーで使えます。

またGIFをみてわかる通り、持ち上げるモーションをすることでディスプレイが点灯し、顔認証が自動的におこなわれるのでiPhoneより快適です。

精度に関しては、寝ながらの解除やマスクをつけての解除は無理でしたが、普段使いならしっかり認証してくれているので日常生活に支障はありません。

 

最大90Hzの有機ELディスプレイ!綺麗&スムーズ

動画だとちょっとわかりづらいかも。

Pixel 4のリフレッシュレートは最大90Hzと高く、ネットの閲覧やツイッターのスクロール動作がヌルサクです。

動画ではHUAWEI P20 liteとくらべてますが、P20 liteが若干カクカクしているのに対しPixel 4はスムーズにスクロールできています。

ただPixel 3やiPhone 11Proとくらべた時の差はあまりわかりませんでした。

 

充電スピードは速い!

Pixel 4の充電スピードはかなり速く、94%回復させるのにたった1時間ほどしかかかりません。

バッテリーが少なくなったと思えば、30分ほど充電するだけで半分以上まで回復するので超心強いです。

 

ちなみにピクセルスタンドを使って充電する場合は、ケーブル充電にくらべてちょっと遅くなります。

 

おサイフケータイ(Felica)にも対応!

おサイフケータイ(Felica)にも対応しているので、日常的に『Suica』やコンビニで電子マネー決済を使っているボクでも安心して使えます。

SIMフリースマホでおサイフケータイが付いているものを探すとなると限られてくるので、結構レアです。

 

eSIM対応でDSDSができるようになった!

eSIM(ダウンロード型SIM)を購入すればDSDSができるようになります。

物理型SIMではないので、いちいちSIMカードを抜き差しすることなくボタン操作でカンタンに切り替えることが可能です。

 

IIjmioのeSIMをインストールしてデータ通信用のSIMとして使ってみましたが、問題ありませんでした。

ただし、通話中に並行してデータ通信することは不可能なので要注意です(Wi-Fi環境なら可能)。

 

AIと機械学習のハイブリットカメラが最高に綺麗!

通常モードで撮ってみた

 

 

 

 

 

 

ズーム(望遠)モードで撮ってみた

1X(通常)

 

2Xズーム時

2倍ズームしても画質はそこまで変わりません。

 

8Xズーム時

8倍(最大)ズームするとちょっと粗くなりますが、それでも木々の輪郭がわかるレベル。

Google AIによる補正はさすがの一言です。

 

ポートレートモード(ボカシ)で撮ってみた

 

 

 

 

iPhone 11ProのポートレートモードとくらべてもPixel 4の方が自然に撮れていますし、ボケ感もハッキリしています。

 

インカメのポートレートモードも超キレイです。

 

夜景モードで星空を撮ってみた

『天の川が撮れる』と言われているだけあって、めちゃくちゃキレイに星が撮れます。

肉眼でわからない星もみえるようになるので感動ものです。

 

Pixel 3もそこそこ撮れていますが、やはりPixel 4とくらべると粗さが目立ちます。

 

iPhone 11Proに関しては星空の撮影は不可能なレベルでした。

 

カメラの総評

カメラ性能は期待通りでめちゃくちゃキレイでした。とくに夜景モードはこれまでのスマホの中で一番キレイなんじゃないででょうか。

カメラ性能で感動したのは久しぶりなので、個人的には結構ポイントが高いです。

欲を言えば、ライバル機種に普及されてきている『超広角撮影』が使えないのがちょっと残念。

iPhone 11Proを使っていると画角の狭さが気になりますからね。

でもPixel 4の価格を考えると、相応のカメラかなーと思います。

 

2020年対応の『Motion Sense』も期待!

日本だと2020年の春にリリース予定のMotion Sense。

スマホの目の前で手のサッと動かすと曲をスキップしたり、アラームを止めたり、着信音を止めたりできるとのことで近未来感があふれています。

ガジェット好きとしてはいち早く使いたいサービスで、今からワクワク感が止まりません。

 

Google Pixel 4の口コミ・評判

 

Google Pixel 4の価格・購入方法

Google Storeで購入する

価格 64GB 128GB
Pixel 4 89,980円 103,950円
Pixel 4 XL 116,600円 128,700円

Oh So Orangeについては64GBモデルのみになります。

Google Storeをみてみる

 

ソフトバンクで購入する

価格 64GB 128GB
Pixel 4 87,840円 101,760円
Pixel 4 XL 114,240円 126,720円

Oh So Orangeについては64GBモデルのみになります。

ソフトバンクの場合は48回払いにして、25ヶ月目に機種変更をする(トクするサポートを適用させる)と機種代金が半額になります。

つまり残りの2年分の分割代金は払わなくてオッケーということ。

実施中のキャンペーン

  • Google Playギフトコード5,000円分プレゼント

2019年11月30日までにPixel 4/4 XLを購入して応募すると、全員に5,000円分のGoogle Playギフトコードがプレゼントされます。

ソフトバンク公式をみてみる

 

まとめ:テクノロジーの進歩が垣間見えたGoogle Pixel 4!ワクワク感が欲しいならぜひ!

Pixel 4のデメリット

  • 指紋認証がなくなった
  • スピーカーの向きが2分化
  • 上部のベゼルが太い
  • Pixel 3より重くなった
  • バッテリー持ちがイマイチ

Pixel 4を使ってみたて「う〜ん…」と思ったのはこんな感じ。

指紋認証がなくなったのとバッテリー持ちがイマイチなこと以外は大したことなく、この2つが問題なければきっと満足できるでしょう。

これから先普及されるであろう新時代スマホのパイオニアとなる存在、Pixel 4はそう思わせてくれる一台です。

価格についても少々高めではありますが、Pixel 3の時より全然安いので興味をお持ちの方はこのチャンスに検討してみるといいかも!

Google Storeをみてみる

ソフトバンク公式をみてみる

 

-Google Pixel

Copyright© スマホレビューのアトリエ , 2020 All Rights Reserved.