AQUOS

【徹底レビュー】AQUOS zero2を1ヶ月使ってみたのでメリット・デメリットを紹介するよ!

更新日:

ゲーミングスマホって何かと重いイメージだったので、AQUOS zero2の『世界最軽量』というキャッチフレーズに胸が熱くなった。

普段からあまりゲームをしないこともありゲーミングスマホを持ったことがなかったのですが、今回ばかりは躊躇なく買ってしまいました。

本当にゲームに適したスマホなのか、価格に見合ったスマホなのか等、実際に1ヶ月使ってみたのでわかったことをレビューしていきます。

購入を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいませ!

auオンラインショップでAQUOS zero2が最大22,000円引き中!

 

AQUOS zero2の外観・デザインをレビュー

6.4インチの有機ELディスプレイで、上部は水滴型ノッチになっています。

インカメラは800万画素です。

 

背面はプラスチック素材を使用しており、光の当たり方によって青に見えたり黒に見えたりするグラデーションデザインになっています。

カメラはダブルレンズ仕様で、

標準カメラ:1,220万画素

広角カメラ:2,010万画素

という構成になっています。

今回レビューしてるカラーは『アストロブラック』だけど、

他にも『ミスティホワイト』があるよ!

 

本体下部には、スピーカー・USB-Cポート・マイク・着信ランプが搭載されています。

 

本体上部には、マイク・SIMカードトレイが搭載されています。

側面はマグネシウム合金(軽さ・強度が優秀)で出来ており、見た目もカッコよくてグッドです。

上部と下部には若干ヘコみがあって、

いい味が出てるな!

 

本体右側には、音量調節ボタン・電源ボタンが搭載されています。

 

本体左側には何もありません。

 

ベゼルがかなり狭くエッジ部分がカールしているので、ディスプレイをギリギリまで表示可能にしています。

本体の厚さが薄いので、持ちにくさを感じたり誤操作したりすることはありません。

 

AQUOS zero2の付属品を紹介

AQUOS zero2に付属品

  • AQUOS zero2本体
  • 3.5mmイヤホン変換アダプタ
  • クイックスタートガイド
  • SIMピン

今回はSIMフリー版を買ったので、ACアダプターやUSBケーブルは同梱されていません。

キャリアや格安SIMでセット購入する場合も付属されておらず、別途で買う必要がありますのでご注意を。

 

AQUOS zero2の大きさはどのくらい?他のスマホとサイズを比較

左からiPhone 11 Pro、AQUOS zero2、Galaxy Note10+

たて 158mm
よこ 74mm
厚さ 8.8mm

たての長さはGalaxy Note10+とそれほど変わらないので、比較的大きめなサイズです。

よこ幅と厚さはスリムなので、片手持ちでも辛くありません(上部には指が届きませんが)。

ポケットの大きさにもよりますが、スボンのポケットに入れて持ち歩いている時に、しゃがんだタイミングで落ちそうになることが何度かありました。

 

AQUOS zero2を使ってみての感想

とりあえずマジで軽い!これに尽きます。

これまでiPhone 11 Proをメインに使ってきたので余計に軽く感じるってのもありますが、ズボンのポケットに入れていても存在すら忘れてしまうレベル。

通勤で長い時間Youtubeを見ていても腕の疲れを感じないので、かなりストレスが軽減されました。

ゲーミングスマホとしての役割もしっかり発揮してくれていますし、スペック面の不満はありません。

口コミでよくあった『ディスプレイ焼き付き』も今のところないので、満足度は高いです。

 

AQUOS zero2の注意点・デメリット

 

microSDカードが使えない

microSDカードに対応していないため、ゲームの他に写真や音楽をいっぱい保存する人は注意が必要です。

ROM(ストレージ)が256GBもあるのでほとんどの人は問題ないかと思いますが、使い方によっては容量がパンパンになる可能性もあります。

 

思ってたよりバッテリー持ちがよくない

バッテリー消費量

  • Youtube1時間視聴:10%消費
  • CODモバイル1時間プレイ:27%消費

リフレッシュレート240Hz(ハイレスポンスモード)でゲームをするとバッテリーがガンガン減っていきます。

SNSや動画視聴をする場合は大したことないんですが、ゲーム中の減りが顕著です。

ゲーミングスマホとしては致命的な気がしますが…。

まあ急速充電に対応しているので、減ったら充電してくれってことなのでしょう。

また、AQUOS zero2は充電ICを2つに分けて発熱源を分散することで、スマホ本体の発熱を抑えています(パラレル充電)。

これにより、充電しながらでもゲームを楽しめるようになっています。

長時間ゲームできるようにはなってるんだね!

 

指紋認証の解除スピードが若干遅い

HUAWEIなどの海外製Androidに慣れているせいか、指紋認証の解除スピードが遅く感じます。

めちゃくちゃ遅いわけじゃありませんが、センサーに触れてからタイムラグがある感じで、触れた瞬間に解除してくれません。

精度もまあまあといった感じ。

『顔認証』の方が優秀なのでそっちをメインに使って、マスク着用時などで使えない場合のみ指紋認証を使うようにしています。

 

AQUOS zero2のいいところ・メリット

 

240Hz駆動の有機ELディスプレイで綺麗な映像が楽しめる

AQUOS zero2は、240Hz駆動(毎秒240回)に対応した有機ELディスプレイを搭載しています。

旧モデルのAQUOS zeroが60Hz駆動だったのに対し、表示速度は4倍まで進化しました。

実際は120Hzなのですが、各フレーム間に黒画面を挿入することで、残像を抑えて240Hz相当の滑らかな表示を実現しています。

これにより、ゲームで重要視される『表示速度』と『タッチレスポンスの精度』が大きく向上し、より快適にプレイできるようになりました。

ただずっと240Hzで表示されているわけではなく、通常時は60Hzでゲーム利用時のみ240Hz駆動にONになる仕組みです。

 

ゲームアプリ起動中にステータスバーを下ろすとゲーミングメニューが表示されます。

『ハイレスポンスモード』がONになっていると240Hz駆動が適用されている状態です。

ちなみに検索アイコンやYoutubeアイコンをタップすると、『〇〇(起動中のゲーム名) 攻略』で検索してくれます。

 

デフォルトではゲームしか240Hzが適用されませんが、AQUOS便利機能のゲーミング設定から240Hz設定にしたいアプリを登録すれば、他のアプリも240Hz駆動でヌルヌル動かすことができます。

 

試しにGoogle Chromeを登録して、表示速度をAQUOS sense3とくらべてみました。

動画では伝わりづらいかもしれませんが、スクロールがめちゃくちゃ滑らかになります。

感覚でいうと、iPhoneの挙動に近いです。

綺麗&滑らかで、

タッチ感度がいい最高のディスプレイだな!

 

安定した環境でゲームが楽しめる

CODモバイルをプレイ

  • CPU:Snapdragon™ 855
  • RAM:8GB
  • ROM:256GB

というPC並みのスペックなので、どんなゲームでも最高水準でサクサク動きます。

 

フォートナイトをプレイ

長時間プレイしていても端末の発熱も感じません。

 

Antutuがインストールできなくなっていたので、Geekbenchでベンチマークスコアを測定しました。

 

顔認証が快適に使える

解除スピード・精度ともに優秀なので、画面のロックを解除するときは顔認証メインで使っています。

端末を持ち上げるモーションでディスプレイ表示できるので、ストレスフリーです。

 

防水・防塵・おサイフケータイ(Felica)に対応している

ゲーム面だけでなく、生活面で必要な『防水・防塵・おサイフケータイ』にも対応しています。

キャッシュレス派のボクとしては、おサイフケータイが搭載されているのが一番嬉しかったです。

防水・防塵の規格

防水:IPX5/IPX8

防塵:IP6X

 

DSDVに対応している(SIMフリー版限定)

ボクがキャリア版のAQUOS zero2を買わず、SIMフリー版を買った理由はコレ。

日頃から複数のSIMを使い分けているので、1台にまとめられるのは大きなメリットです。

キャリアで販売されているAQUOS zero2はシングルSIM仕様なので、DSDVを使いたい人はSIMフリー版を買いましょう。

会社用の電話とプライベート用の電話でDSDVする人が多いね!

 

カメラ性能もまあまあ

 

 

 

広角モードで撮ると、四隅が歪みます。

味があるといえば聞こえはいいですが、好き嫌い分かれるかもです。

 

 

ポートレートモードは案外綺麗に撮れました。

 

暗所での撮影にはあまり向いてないです。

ナイト(夜景)モードが搭載されていないので、光がないところで撮ると真っ暗な仕上がりになることもしばしば。

上の画像はマニュアルで露出をいじってます(自動AIで撮ると真っ暗になったので)。

 

 

音質もいい感じ

音質もクリアでよく聴こえます。

ドルビーアトモスにも対応しているので、ゲームはもちろん動画視聴時の没入感は感動モノです。

 

AQUOS zero2の口コミ・評判

 

AQUOS zero2とAQUOS R3どっちがおすすめ?

zero2 R3
CPU スナドラ855
RAM 8GB 6GB
ROM 256GB 128GB
ディスプレイ 有機EL 液晶
SDカード 非対応 最大512GB
バッテリー 3,130mAh 3,200mAh
リフレッシュレート 最大240Hz 120Hz
Felica 対応
重さ 141g 185g
イヤホンジャック なし あり
ワンセグ なし あり
その他 パラレル充電 ワイヤレス充電
価格 約9万円 約9万円

zero2がR3に劣っている点は、以下の4つくらいのものです。

  • microSDカードが差せない
  • イヤホンジャックがない
  • ワイヤレス充電ができない
  • ワンセグが見れない

この4つさえ問題なければ、価格はほとんど変わらないのでAQUOS zero2を選んだ方が正解です。

逆にこれ以外はzero2が勝ってるのか。

ぶっちゃけ、今からAQUOS R3を買う理由はないかなーと思います。

【徹底レビュー】AQUOS R3は超ハイスペック!実際に使ってわかったメリット・デメリット

2019年の夏モデルとして『AQUOS R3』が3キャリアから発売されましたね! SHARP製のフラグシップモデルということで気になっていたのと、機種変更のタイミングが重なったので迷わず購入しました。 ...

続きを見る

 

AQUOS zero2はどこで買える?

単品で買うならAmazon

SIMフリー版が欲しい場合はアマゾンで購入するのが手っ取り早いです(ちなみにボクはアマゾンで買いました)。

販売・発送もアマゾン公式が請けおっているので安心。

 

大手3キャリアでも販売中

ドコモ・au・ソフトバンクを利用している場合は、機種変更して手に入れるのが鉄板です。

ドコモの価格

  • 一括:87,912円
  • 12回払い:7,326円
  • 24回払い:3,663円
  • 36回払い:2,442円

ドコモ公式へ

auの価格

  • 一括:54,740円
  • 24回払い:2,280円
  • 36回払い:1,520円
  • 48回払い:1,140円

オンラインショップ限定で、最大22,000円引き中!

au公式へ

ソフトバンクの価格

  • 一括:95,040円
  • 24回払い:3,960円
  • 48回払い:1,980円

オンラインショップ限定で、他社からMNP(のりかえ)すると21,600円引き!

ソフトバンク公式へ


 

格安SIMでセット購入するならOCNモバイルONE

格安SIM(MVNO)では、OCNモバイルONEIIjmioがセット販売をおこなっています。

個人的におすすめなのがOCNモバイルONEです。

OCNモバイルがおすすめな理由

  • 端末割引が効いて安い
  • 通信品質もいい
  • 通話オプションが豊富
  • 低速モードが使える
  • 口座振替にも対応
  • 老舗なので安心感がある

実際、OCNモバイルONEとIIjmioの両方を契約していますが、OCNモバイルONEの方が使いやすいです。

格安SIMで懸念される速度も安定していますし(自分の地域は平均50Mbps出る)、クレジットカードも不要なので利用者のハードルが低くなっています。

それに端末価格もOCNモバイルONEの方が1万円以上安い事実。

OCNモバイルONEの回し者かってくらい推してますが、どちらも使っての感想なので贔屓はしてません。

その人の使い方にもよるから、

じっくり考えてみるといいよ!

OCNモバイルONE公式へ

 

まとめ:バッテリー性能はイマイチだが、性能は文句なし!

こんな人におすすめ

  • 快適な環境でゲームをしたい
  • 軽いスマホに興味がある
  • 液晶より有機EL
  • 防水・おサイフケータイが欲しい
  • カメラはそこそこ綺麗ならオッケー

約9万円とかなりお高いスマホになりますが、CPUやRAMの容量を考えれば妥当な価格だと思います。

予算を気にせず、もっとスペックを追い求めるならROG Phone IIという選択肢もありますが、個人的にはAQUOS zero2のスペックでも十分に感じました(バッテリー持ちはビミョーですが…)。

それに防水やおサイフケータイなどの生活面に必要な機能も搭載されているので、シンプルに使い勝手がいいですし。

全体的なバランスが取れているゲーミングスマホが欲しい人におすすめできる1台です♪

OCNモバイルONE公式へ

-AQUOS

Copyright© スマホレビューのアトリエ , 2021 All Rights Reserved.