LINEモバイルのアトリエ

LINEモバイル

【LINEフリー】子どもにスマホを持たせるならLINEモバイルがおすすめ!

更新日:

最近なにかと物騒だし、子どもにスマホをもたせたい!とお悩みではありませんか?

子どもは自分で自分の身は守れませんし、いつどこで事件・事故に巻き込まれるかわかりません。

外に遊びにいかせる際はスマホを持たせておいた方が連絡が取れやすいので安心です。

ただそうすると、スマホばかりに夢中になってしまうのでは?という不安もよぎりますよね。

そこでおすすめなのがLINEモバイルの『LINEフリープラン』です。

LINEフリープランなら、子どもに合ったスマホの使い方ができますし、料金もリーズナブルで負担もかかりません。

それではLINEフリープランについてくわしく見ていきましょう!

 

子どものスマホをLINEモバイルにするべき6つの理由

子ども用のスマホにLINEモバイルをおすすめする理由は以下の6つです。

  • 無料でフィルタリングサービスを搭載
  • 勝手な課金を制限できる
  • LINEアプリはカウントフリー
  • 家族間でデータのプレゼントができる
  • 毎月のスマホ代がとにかく安い

 

高性能なフィルタリングサービスが標準装備

LINEモバイルには『iフィルター』と呼ばれるフィルタリングサービスが標準で搭載されています。

本来なら月額360円かかるサービスですが、LINEモバイルユーザーは無料で利用可能です。

iフィルターの機能

  • 危険なサイトをフィルタリング
  • 子どもの位置情報をGPSでチェック
  • スマホの利用時間を制限

こんな感じで『iフィルター』にはさまざまな機能があり、子どもの安全を守ってくれます。

細かいカスタマイズもできますし、使い方もシンプルでわかりやすいのでぜひ使ってみてほしいサービスです。

 

子どもの課金を制限することができる

LINEモバイルは契約者と利用者をキッパリ別けることができるので、知らないうちに子どもが課金していた…なんてことも起きません。

契約者ができること

  • マイページで情報の変更・確認ができる
  • LINEポイントの付与ができる

利用者ができること

  • データ残量の確認ができる
  • データのプレゼント・受け取りができる

とくに子どもはお金の大切さを理解するのが難しいので、放っておくとガンガン課金しかねません。

なので契約者である親がコントロールすることで勝手な課金を防ぐことができますし、正しいスマホの使い方を教えてあげることができます。

 

LINEアプリを無料で使うことができる

LINEモバイルなら、どのプランで契約してもLINEアプリはカウントフリーで使うことができます。

つまり、LINEトーク・無料通話はどれだけ使ってもデータが消費されないということです。

もし速度制限にかかってもLINEアプリだけは通常の速度で使うことができるので、1GBしかないLINEフリープランでも快適なやりとりができます。

1GBしかないからゲームのやり過ぎを予防できるし、
LINEアプリは制限なく使えるから子どもにぴったりね!
制限にかかって連絡が取りづらくなってしまったら意味がないもんね!

 

家族間でのデータのプレゼントができる

LINEモバイルユーザー同士であればデータ容量を贈り合うことができます(親もLINEモバイルユーザーである場合)。

たとえば、子どものスマホが速度制限にかかった場合などに、自分のデータをプレゼントするといった感じです。

  • 500MB
  • 1GB
  • 1.5GB
  • 2GB
  • 3GB

データ容量は上記の単位でプレゼントすることができます。

自分のデータ容量さえ余っていれば追加購入する必要もありませんし、プレゼントしてあげることで子どもとコミュニケーションも取れるので意外と便利ですよ。

 

毎月のスマホ料金がとにかく安くなる

LINEフリープランは500円/月だから、お財布にやさしいよ!
データ容量は1GBしか選べないけど、LINEアプリをメインに使うなら全然問題ないね!

LINEフリープランは月額たったの500なので、まったく負担がかかりません。

スマホは持つだけでお金がかかるイメージですが、LINEモバイルなら毎月ワンコインでオッケーです。

データ容量を追加購入したりしなければ、これ以上負担が増えることはないので、無理なく使っていけるのではないでしょうか。

 

縛りや違約金がないのでいつでもプラン変更or解約ができる

LINEフリープランは縛り期間がないため、いつ解約しても違約金はかかりません。

使ってみて合わなかった場合に、プラン変更または解約が気軽にできるので、リスクゼロです。

参考LINEモバイルの解約はシンプル!気になる手順や違約金について解説

子どもに合ったプラン探しってなかなか難しいので、とりあえずリスクのないLINEフリープランで使い勝手を試してみるのもアリだと思います。

 

LINEフリープランの注意点・デメリット

スマホ本体は別売り

LINEフリープランは月額500円とかなりリーズナブルですが、その料金には端末代が含まれていません。

LINEモバイルでスマホをセット購入する場合は、月額料金に端末代が上乗せされるので、トータル費用が2,0003,000円くらいになってしまいます。

もし使っていない端末があるなら、その端末にLINEモバイルのSIMカードを入れて使えば、端末代を節約することができます。

端末によっては動作しなかったりSIMロック解除が必要だったりするので、必ず動作確認ページでチェックしておきましょう。

不要なスマホがない場合は、SIMフリー端末をイオシスやAmazonで買ってもいいですし、それがめんどくさいならLINEモバイルでセット購入しましょう。

100%といっていいほど落としたり傷つけたりしてしまうので、なるべく安いスマホを購入するのが無難です。

 

LINEモバイルのおすすめ端末

LINEモバイルでセット購入するなら、R15 NeoもしくはZenFone Live(L1)がおすすめです。

分割払いにすれば毎月の負担もワンコインなので、月々の通信量と合わせても1,000円代で済みます。

バッテリー持ちやスペックに関しても申し分ありませんし、もちろんSIMロック解除も必要ありません。

LINEモバイル公式サイト

 

AmazonでSIMフリー端末を買うなら

AmazonでLINEモバイルに対応したSIMフリー端末を買うなら、nova lite 3がおすすめです。

何かと話題のHUAWEI製品ですが、やはりコストパフォーマンスは他のスマホとくらべても断トツです。

1万円台で顔認証・指紋認証が付いているスマホはなかなかありませんよ。

 

イオシスで中古スマホを買うなら

イオシスで中古スマホを買うなら、AQUOS sense2がおすすめです。

先ほど紹介したスマホよりちょっと値段がはりますが、防水・防塵に対応しているのが特徴的。

ディスプレイも綺麗ですしバッテリー持ちも良好なので、コスパは高い方だと思います。

AQUOS sense2をみてみる

 

警察への緊急通話ができない

『LINEフリー』のデータSIMプラン(500円)を選ぶ場合、音声通話が付いていないので通話をかけることができません。

LINEアプリの通話はネット回線を利用して通話をかけることができますが(IP電話)、掛けられるのは友だちのみ。

いざ事件・事故にまきこまれた時に、110番・119番できないのは困りますよね。

緊急通報ナビ』といったデータSIMプランでも警察に通報できるアプリはありますが、データ容量が1GBであるフリープランとの相性はぶっちゃけ微妙です。

「緊急通話はできた方がいい…」と考えている場合は、月額1200円の音声通話SIMにアップグレードした方がいいでしょう。

LINEモバイルのプラン 料金
データSIM 500円
データSIM(SMS付き) 620円
音声通話SIM 1,200円

子どもの安全を最優先させるなら、700円をケチらない方が正解かもしれません。

 

LINEフリープランに関するQ&A

おじさんサラリーマン
Q LINEフリーの500円プランってSMSが付いてないんですけど、SMSがなくてもLINEアプリは利用できるんですか?
サポートお姉さん
A はいもちろんです。LINEモバイルユーザーならSMSがなくてもLINEのアカウントを作成することができます。
丸の内OL
Q 不要なスマホがあるんですけど、SIMロック解除しないとLINEモバイルでは使えないみたいです。どうすればいいでしょうか。
サポートお姉さん
A SIMロック解除のやり方については以下の記事で解説しています。手数料が無料&カンタンなので、ぜひオンラインで手続きしてみてください。

参考SIMロック解除とは|初心者でもわかるように方法と条件を紹介してみた

 

まとめ:子どもにスマホを持たせるならLINEフリープランが安全でオトク!

早いうちからスマホを使わせるのは不安かもしれませんが、子どもの安全より大切なことはありません。

LINEフリープランなら、フィルタリング機能で正しいスマホの使い方ができますし、LINEアプリで通話・トークし放題です。

またLINEフリープランなら毎月のスマホ代も500円で済むので、無理なく使っていけます。

この機会にぜひ、LINEフリープランで子どものスマホデビューを図ってみてはいかがでしょうか。

LINEモバイル公式サイト

-LINEモバイル

Copyright© LINEモバイルのアトリエ , 2020 All Rights Reserved.