LINEモバイルのアトリエ

LINEモバイル

LINEモバイルの解約はシンプル!気になる手順や違約金についても解説

投稿日:

「LINEモバイル使ってみたけど、自分に合わなかったし解約したい…」と悩んでいませんか?

ただ解約するにも、手順はどうなんだろう?違約金はかかるのかな?など、いろいろな疑問が生まれてくると思います。

そこで今回は

  • LINEモバイルの解約の手順
  • LINEモバイルの解約にかかる手数料
  • LINEモバイル解約にあたっての注意点

を誰にでもわかるように優しく解説していきます。

LINEモバイルの解約を考えている方はぜひ、参考にしてみてくださいませ。

また、これからLINEモバイルを利用しようという方も、事前に解約方法について知っておけば、いざという時に余計なお金や手間を払う必要がなくなりますよ!

 

LINEモバイルの解約手続きはマイページから

LINEモバイルの解約手続きはシンプルで、以下でまとめた手順に沿っておこなえば、誰でも迷うことなく解約を済ませることができます。

まず解約の手続きには、以下の2パターンがあることを知っておきましょう。

  • ノーマルにLINEモバイルを解約する場合
  • LINEモバイルから他社へ乗り換えをする場合

それぞれ手順を解説していきますので、自分が希望する解約手続きをおこなってください。

 

ノーマルに解約する場合

このケースでは、音声通話SIMで使っていた電話番号は、解約とともに消滅してしまいます。

音声通話SIMの電話番号を捨てる場合と、データSIMを解約する場合は、このノーマルな解約になります。

以下の手順に従って解約を進めていきましょう。

 

step
1
マイページにログイン

PCまたはスマホからLINEモバイルのマイページにログインします。

 

step
2
MNP転出・解約をタップ

下にスクロールしていくと”各種手続き”という項目があるはずです。

その中のMNP転出・解約をタップしてください。

 

step
3
”解約する”をタップ

画面右にある解約するをタップします。

 

step
4
解約理由を入力

解約する理由を入力していきます。

 

step
5
解約後の予定を選択

最後に解約後の予定を”他事業者の利用予定はない”にしましょう。

これでMNP転出ではなく、ノーマルで解約できるようになります。

 

step
6
申し込むをタップ

これだけです。ほんの3分もあればできる簡単なお仕事ですね。

解約が完了すると、登録してあるメールアドレスに『解約手続き受付のお知らせ』というメールが届きますのでチェックしておきましょう。

 

他社への乗り換え(MNP転出)をする場合

LINEモバイルの電話番号でそのまま他社へ乗り換えをする場合は、MNP予約番号の発行をしてもらう必要があります。

その部分だけ、上記のノーマルな解約の手続きの手順とは違ってきます。

step
1
マイページにログイン

PCまたはスマホからLINEモバイルのマイページにログインします。

 

step
2
MNP転出・解約をタップ

下にスクロールしていくと”各種手続き”という項目があるはずです。

その中のMNP転出・解約をタップしてください。

 

step
3
”解約する”をタップ

画面右にある解約するをタップします。

 

step
4
解約理由を入力

解約する理由を入力していきます。

 

step
5
解約後の予定を選択

最後に解約後の予定を”他事業者を利用する”にしましょう。

すると、キャリア一覧が表示されるので、乗り換え先のキャリアを選びます。

 

step
6
申し込むをタップ

最後に”申し込む”をタップすれば、手続きは完了です。

あとはMNP予約番号の発行を待ちましょう(発行までは2、3日間かかることもあります)。

注意ポイント

『MNP予約番号』には15日間の有効期限があり、その期間内をオーバーしてしまうと無効になってしまいます。

また乗り換え先のキャリアによっては、有効期限を10日以上残してないと受付ないよ!みたいなところもあるので、『MNP予約番号は』乗り換え先のキャリアに申し込めるタイミングで取得するのがおすすめです。

『MNP予約番号』をゲットしたら、LINEモバイルは解約されちゃうのか?
その心配はないよ!乗り換え先のキャリア回線に切り替わってから解約されるから、LINEモバイルはまだ使えるよ!

あと、変更先のキャリア回線が開通されるタイミングが翌月になると、その月も満額でLINEモバイルの料金が請求されます。

なるべく余裕をもって手続きをするようにしましょう。

 

LINEモバイルを解約する時に必要な手数料は?

LINEモバイルって解約したら手数料とか発生するの?
利用してるプランや、解約の仕方によって変わってくるよ!

 

データSIMはいつ解約しても手数料なし

データSIMの解約では、解約手数料などは一切発生しません。

そのため、いつでも自分の好きなタイミングで解約をすることができます。

ただ後述するように、解約月の日割り計算は行われていません。

たとえ月初に解約しても、その月の料金は満額で支払わなければいけないので注意しましょう。

 

音声通話SIMは最低利用期間に注意する

音声通話SIMには、12ヶ月間の最低利用期間が設定されています。(利用開始日を含む月を1ヶ月目として、12ヶ月目の末日まで)

12ヶ月以内に解約をしてしまうと、9,800円の解約手数料(違約金)を支払わなければいけません。

ただ、この最低利用期間を過ぎてしまえば、いつでも手数料なしで解約できるので、その辺は大手キャリアとくらべて優しいです。

 

他社への乗り換えの場合はMNP転出手数料がかかる

音声通話SIMをLINEモバイルで契約をしていて、番号をそのまま他社への乗り換えをする時には、MNP転出手数料として3,000円が別途でかかります。

これはどのケータイ会社を利用していても同じなので、仕方がありません。

 

LINEモバイルを解約する時に注意するべき6つのこと

1. 解約月の料金の日割り計算はできない

LINEモバイルは、どのタイミングで解約したとしても、解約月の契約料金やオプション料金は満額が請求されます。

月初で解約しようが月末で解約しようが、解約月の料金は日割り計算にはならないということですね。

ちなみに、LINEモバイルの解約が受理されるのは月末です。

そのため、解約を申請したタイミングがいつであっても、解約月の月末まではこれまで通りLINEモバイルを使うことができます。

 

2. SIMカードをきちんと返却する

SIMカードは、LINEモバイルからレンタルをしているものです。

そのため、解約や乗り換えをした後にはLINEモバイルのもとへ返却しなければなりません。

返却をいつまでもしないでいると、SIMカードを紛失したとみなされてしまいます。

その結果、損害金として後日3,000円が請求されることもあるようです。少々メンドくさいですが、封筒に入れてきちんと返却するようにしましょう。

LINEモバイルのSIMカード返却先は以下の通りです。

〒210-0869
神奈川県川崎市川崎区東扇島4-5
東日本ロジスティクスセンター
LINEモバイル株式会社 返却窓口

 

3. 解約後にキャンセルはできない

LINEモバイルを一度解約をしてしまうと、その手続きはキャンセルすることはできません。

一旦解約してしまったSIMカードでの再契約はできないということですね。

再びLINEモバイルを利用するには、新規契約の扱いになります。

ちなみにMNP転出をする場合は、MNP予約番号を発行しても使いさえしなければ、LINEモバイルの契約は継続されますよ。

 

4. 料金請求タイミングは翌月・翌々月にずれ込む

解約した月を過ぎてもLINEモバイルからの請求は発生します。

翌月の5日に利用料金や解約手数料が請求され、通話料に関しては翌々月に請求されることになります。

「解約しているのに請求が届いた!」とビックリしないようにしましょう。

 

5. 端末を分割購入している場合は返済方法を選べる

スマホの端末を分割購入している場合、解約のタイミングで返済方法を次の2つから選ぶことができます。

  • そのままの分割での返済
  • 残金一括での完済

分割購入の残金に関しては、解約後もLINEモバイルのマイページから確認することができます。

 

6. 解約でキャンペーンが受けられないこともある

LINEモバイルでは色々なキャンペーンが実施されていますが、中には申し込みをしてから2~3ヶ月後に特典が付与されるものもあります。

このような場合、早期に解約をしてしまうと特典を受け取れないまま解約となってしまうので注意しましょう。

 

まとめ:LINEモバイルの解約はシンプルで簡単!

LINEモバイルの解約手続きは、マイページから3数分程度で完了するほどシンプルです。

ただ今回紹介した6つの注意点をスルーしてしまうと、後々メンドくさいことになるので、よく理解した上で解約するようにしましょう。

LINEモバイルに興味があって解約方法を知りに来たって人も、これを機に申し込んでみてね♪

LINEモバイル公式サイト

-LINEモバイル

Copyright© LINEモバイルのアトリエ , 2020 All Rights Reserved.