よくある質問

UQモバイルとのセット割ができる光回線なら「enひかり」がおすすめ!メリット・デメリットを解説

更新日:

UQモバイルと相性のいい光回線を探しているなら『enひかり』がおすすめです。

いまのところ唯一UQモバイルとセット割が効くのが『enひかり』で、毎月のネット料金が100円割引されるメリットがあります。

「100円か〜」と物足りなさを感じたかもしれませんが、おすすめポイントはそれだけじゃありません。

リーズナブルでありながらメリットだらけなので、とくにコレといった光回線がないなら検討してみるといいかもです。

 

「enひかり」ってどんなサービス?

enひかりとは、『株式会社 縁人』が提供している光コラボ回線のこと。

メモ

光コラボ回線とは、NTT西日本・東日本が提供しているフレッツ光を借り、それをそのまま自社のサービスとして提供している回線のこと。

借りた回線をそのまま使うわけなので、速度・品質・カバーエリアはフレッツ光とまったく変わりません。

それでいて『enひかり』の料金は業界最安値をキープしているので、コスパを重視する人にはもってこいの回線サービスです。

こういったNTTの回線を借り、独自のサービスとして販売されているのは『enひかり』だけでなく、他にもたくさんのサービスが存在します。

ケータイ会社でいうところの『格安SIM』みたいなもんだな!

 

「enひかり」のメリット・いいところ

 

最低利用期間がなく、いつでも解約オッケー

『enひかり』は最低利用期間がないので、いつ解約しても解約金はかかりません。

自分の好きなタイミングで解約できますし、使ってみて「やっぱり合わなかった…」という場合のリスクも一切ないです。

『enひかり』の大きなメリットよ!

サービス縛り解約金
スマート光2年間20,000円
enひかりなしなし
エキサイト光なしなし
@nifty光2年間(自動更新)9,500円
OCN光2年間(自動更新)11,000円
楽天ひかり2年間(自動更新)9,500円
ソフトバンク光2年間(自動更新)9,500円
ビッグローブ光3年間(自動更新)20,000円
SO-net光プラス36ヶ月(自動更新)20,000円

他の光コラボだと最低利用期間があるものばかりなので、合わなかったときのリスクや、新しくいいサービスが出てきたときに即転用できません。

また自動更新があるところがほとんどなので、更新月を逃してしまうと次の更新月まで待たないと解約金がかかってしまうリスクも。

縛りがある回線を使ってきた身としては、かなり魅力的なポイントに感じます。

 

シンプルな料金プラン&安い

enひかりの料金

  • 戸建:4,300円
  • マンション:3,300円

回線とプロバイダーがセットになった料金です。

enひかり』の料金プランは2種類とシンプルになっています。

戸建タイプかマンションタイプかを選ぶだけなので、はじめての方でも迷わず選びやすい仕様です。

相場がわかんないけど、これって安いの?

 

サービススマート光enひかりエキサイト光@nifty光OCN光楽天ひかりソフトバンク光ビッグローブ光SO-net光プラス
マンション3,300円3,300円3,360円3,400円3,600円3,800円3,800円3,980円4,480円
戸建4,300円4,300円4,360円5,200円4,100円4,800円5,200円4,980円5,580円
解約金20,000円なしなし9,500円11,000円9,500円9,500円20,000円20,000円

戸建タイプだと、他にもっと安いサービスがあるので実際は最安値ではありません。

ただし『enひかり』と違って他のサービスは、更新月じゃないときに解約すると解約金がかかるので、そこらへんのリスクも考えると『enひかりが業界最安値』というのはあながち間違いではないです。

料金はずっとこのまま

3年目から料金アップなど、使っていくと値上がりする光コラボもありますが、『enひかり』はずっとこのままの料金です!

 

速度もしっかり安定している

ツイッターの評判を見てみると、速度に関するいい口コミが大半を占めていました。

ちらほら「速度が出ない」という口コミもありましたが、8割くらいの方が満足されている印象です。

株式会社 縁人に関しても、悪い口コミはなかったので怪しい会社ではないと思います。

 

『v6プラス』もしくは『transix』を月額180円で追加できる

  • v6プラス:月額180円
  • transix:月額180円

この2つは回線速度を高速化させるためのサービスで、毎月の料金に180円上乗せすることで利用可能になります。

『IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6』っていう通信技術を使ってるのよ!

まあ、とにかく速いってことだな!

どちらもサービス内容は同じですが、提供会社・対応ルーターが異なるので、利用できそうな方を選びましょう。

→v6プラス対応ルーター

→transix対応ルーター

動画の視聴やオンラインゲームを安定した環境でやりたいなら、必ず申し込んでおくべきです。

あとで紹介するけど、今ならv6プラス対応ルーターを特価で販売してるよ!

まじか!

どのルーターがいいか迷ってたからそれにしよっと!

 

いつでもWiMAXのレンタルができる|3泊4日分が無料になる特典も

1日390円から『WiMAX+2』をレンタルすることができます。

レンタル期間は1泊2日〜2年まで自由に決められるので、用途にあわせて使用可能です。

また年3回までなら、1泊2日以上のレンタルで『+3泊4日分』が無料でプレゼントされるので、短期間のレンタルでもオトクになります。

1泊2日レンタル(390円)

→同じ料金で5泊6日利用できる。

ある1日のWiMAXの速度を測定

時間帯速度(下り)
8時12.9Mbps
10時22.1Mbps
12時20.3Mbps
14時47.4Mbps
16時48.3Mbps
17時55.0Mbps
18時34.2Mbps
19時21.8Mbps

レンタルしたWiMAXで速度を測ってみましたが、1日を通して速度に不満を感じることはありませんでした。

 

レンタルを依頼すると封筒が送られてきます。

 

同梱品

  • WiMAX+2
  • USBケーブル
  • ACアダプター
  • レターパック

 

返却日までにレターパックに入れて郵送すればオッケーです。

送料がかかるので注意

レンタルサービスの利用には870円の往復送料がかかるのでご注意ください。

 

UQモバイルとのセット割がある

enひかりには『勝手に割り』と呼ばれる、UQモバイルとのセット割があります。

この2つをセット利用することで、enひかりの料金が毎月ずっと100円引きされるというシステムです。

年間でいうと1,200円の節約効果ではありますが、なにも割引がないよりはマシです。

注意ポイント

事前にenひかりカスタマーセンターに連絡すれば、UQモバイルの手数料3,000円が無料になるエントリーコードをもらうことができます。

ただし、UQモバイルが実施しているキャッシュバックの併用ができなくなってしまうので注意が必要です。

UQモバイルに今すぐ申し込む

 

「enひかり」のデメリット・う〜んと感じるところ

初期費用・工事費がかかる

転用の場合

  • 手数料:2,000円

新規の場合

  • 無派遣工事:2,000円
  • 訪問工事あり、屋内配線新設なし:7,600円
  • 訪問工事あり、屋内配線新設あり:15,000円

※どれも手数料3,000円がかかります。

転用か新規かで費用が変わってきます。

転用とは

現在利用しているフレッツ光から、コラボ回線(enひかり)にスムーズに変更する手続きのことです。

すでにフレッツ光が開通しているなら、転用を利用しましょう。

新規の場合は手数料3,000円もかかってくるので、最初は負担がドカンとかかってきます。

他のサービスは解約金アリで工事費をタダにしているケースが多いので、ガマンしなければならない点です。

 

他とくらべて特典が弱い

enひかりは新規申し込みでもキャッシュバックがないので、特典が弱いです。

『15,000円キャッシュバック!』『30,000円キャッシュバック!』をおこなっているところがザラの中で、何もないのは正直さみしいなと。

その代わり、リーズナブルな料金&解約金なしで使えるので、仕方がないといえば仕方がないのですが。

転用の場合は変わらない

転用の場合はenひかり以外のサービスもキャッシュバック等のキャンペーンはありません。

 

マイページがない

マイページで料金の確認や手続きをサクッとできないのは不便に感じます。

毎月の料金も一定で、そんなに手続きするようなこともないですが、個人的にはちょこちょこ確認して安心したいなーという気持ちが。

いつか対応されることに期待です。

 

UQモバイルと「enひかり」を使ったときの料金をシュミレーション

UQモバイルのプラン

  • プランS(3GB):1,980円
  • プランM(9GB):2,980円
  • プランL(14GB):3,980円

マンションタイプでUQモバイルのプランSを利用した場合、

3,300円ー100円+1,980円=5,180円

ネット回線とスマホ代をあわせて5,000円ちょっとなら、毎月負担なく使っていけます。

大手キャリアのスマホ代より安いね!

 

今ならv6プラス対応無線ルーター大特価キャンペーンを実施中!

2020年4月30日までに、以下の条件をクリアすると『v6プラス対応無線ルーター』が特別価格で手に入ります。

  • enひかりに申し込む
  • v6プラス(月額180円)に加入する

本来なら8,970円するルーターが、たったの1,000円でゲットできるので、対応ルーターを持っていないなら利用しない手はありません。

enひかり公式ページ

 

「enひかり」に関するQ&A・よくある質問

主婦Bさん
Q enひかりとUQモバイルを利用開始すれば、自動的に100円が割り引きされるんですか?
受付のお姉さん
A いいえ、enひかりとUQモバイルは情報の連携をおこなっていないので、enひかりカスタマーセンターに連絡する必要があります。

enひかりカスタマーセンター:03-5534-9997

男性Aさん
Q 屋内新設あり、なしの違いってどう判断すればいいですか?
受付のお姉さん
A 部屋に『光コンセント』があれば新設なし、なければ新設ありになります。

光コンセントは、コンセント部分に『光コンセント』という文字が書かれているので、それが目印になります。

会社員Aさん
Q 工事費用って分割で払えますか?
受付のお姉さん
A 申し訳ありませんが、一括払いのみでの対応となります。
大学生Bさん
Q enひかりに移行すると、今利用しているフレッツ光は解約金がかかるんですか?
受付のお姉さん
A いえ、転用する場合は解約金・手数料ともにかかりません。

すでに利用しているフレッツ光からenひかりに移行する場合は、コストがかかりません。

 

「enひかり」の口コミ・評判

 

まとめ:UQモバイルとenひかりのセット割を利用してガンガン節約しよう!

enひかりとUQモバイルをセットで利用すれば、毎月ずっと100円引きされていくので、UQモバイルユーザーは必見です。

マンション3,300円
戸建4,300円

料金プランもシンプルかつ業界最安値ですし、最低利用期間もまったくないので利用するハードルもめちゃくちゃ低いです。

かといって速度・品質・カバーエリアが落ちることはなく、フレッツ光の環境をそのまま維持できます。

セットで利用していけばバッコリ節約できるので、ネット回線の見直し・新規開通を考えているならぜひ検討してみてください!

enひかり公式ページUQモバイル公式サイトへ

今ならv6プラス対応ルーターがたったの1,000円よ!

 

-よくある質問

Copyright© モバイルアウト , 2021 All Rights Reserved.